忌日法要と年忌法要

 日本では、親族が亡くなった後、様々な周期で法要を行い、故人に対し追善供養を行います。それぞれの法要はいつ行い、どんな意味を持っているのでしょうか?

忌日法要(初七日・四十九日・百か日法要)

 亡くなった前の日から数えて7日めごとの日を「忌日(きにち)」といい、法要を行います。それぞれ、初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)、七七日(なななのか)または四十九日(しじゅうくにち)といいます。また、この49日間を「中陰(ちゅういん)」、最後の四十九日を「満中陰(まんちゅういん)」といいます。

●百か日(ひゃっかにち)
四十九日の後、死後百日めに行う供養で、忌日法要が終わる日です。遺族にとっては区切りの日となり、気持ちの整理を終える日とされます。

●祥月命日(しょうつきめいにち)
故人が死亡した同月同日の命日のことです。一周忌以降、この日に行う法要を「年忌法要(ねんきほうよう)」または「法事(ほうじ)」といいます。

●月忌法要(がっきほうよう)
毎月の死亡した日と同日、つまり月命日を「月忌(がっき)」といい、この日に行う法要を「月忌法要」または「月参り(つきまいり)」といいます。

仏壇の歴史

 一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・五十回忌・百回忌〈百回忌以降は五十年ごとに〉があります。このうち、一周忌だけは、「満」で数え、死亡した年の翌年に行います。それ以後は「かぞえ」で数えます。「かぞえ」の場合は、死亡した年を一年として起算しますから、一周忌の次の三回忌は、一周忌の翌年に行わねばなりません。つまり一周忌、三回忌と、二年続けて、年忌法要を行うことになります。

 そのほかの年忌法要は、地方により、人によりで、十七回忌を省略したり、二十三回忌と二十七回忌を兼ねて二十五回忌とするなどしていることもあります。一般には三十三回忌を最後とすることが多いようです。

愛知・三河・蒲郡 仏壇仏具修理・洗濯 愛知・三河・蒲郡 山崎屋仏壇店 仏壇公正取引協議会

山崎屋仏壇店

愛知県蒲郡市中央本町29-1
TEL.0533-67-2017
FAX.0533-67-4034

愛知・三河・蒲郡の仏壇・仏具 お問合せ


PAGE TOP