各宗派の飾り方

自分の宗派を調べる

 はじめて仏壇を購入する方は、まず御自身がどの宗派なのかを調べましょう。仏壇に安置する本尊や脇仏などが宗派により異なるからです。両親が亡くなった場合、まずは父方の実家、もしくは親戚に聞きましょう。父方の実家に誰も親戚がいない場合は、お寺に聞くことになると思います。

 実家の宗派にこだわらず、自分が信じる宗派に決めることもできます。また、法事やお墓参りなどの便利さから自分の家の近くの寺を菩提寺と決める人もいます。菩提寺とは、一家が代々信仰し、葬式や法事などを営むお寺のことです。菩提寺を選ぶときは、宗派が納得できるお寺であることがもっとも重要となります。菩提寺の宗派が自分の宗派となるからです。

本尊とは

 仏壇のなかには仏像が安置されていることは知っていても、本尊が宗派によって異なることまでは知らない方が多いです。本尊とは信仰の中心として祀られている仏像や曼荼羅(まんだら)のことです。本尊は宗派により異なりますので、菩提寺の宗派に合わせて選びます。本尊が宗派ごとに異なるのは、各宗派により教義や仏教の理想の求め方が違うからです。

 本尊の形式には、お姿のある仏像と、絵像の掛軸があり、寸法は、仏壇内部の大きさに合わせて選びます。仏像には、木彫仏像や鋳造仏像などがあります。本尊は菩提寺を通して本山からいただく場合もありますが、一般には仏壇店から購入し、菩提寺の住職に魂入れ(たましいいれ)をしてもらいます。

 本尊は、仏壇の中心である須弥壇(しゅみだん)の上に安置します。より丁寧にまつるには、その両脇に脇掛(わきがけ)という、宗派で定めている祖師像などの掛軸を安置します。掛軸は仏壇の裏板に鋲で留めるか、掛軸台にかけて安置します。

愛知・三河・蒲郡 仏壇仏具修理・洗濯 愛知・三河・蒲郡 山崎屋仏壇店 仏壇公正取引協議会

山崎屋仏壇店

愛知県蒲郡市中央本町29-1
TEL.0533-67-2017
FAX.0533-67-4034

愛知・三河・蒲郡の仏壇・仏具 お問合せ


PAGE TOP