仏壇の買い方

いつ買えばいいの?

 お仏壇の根本の意味は仏様をお祀りすることですから、いつ買ってもかまいません。お位牌がなくて、お仏壇だけをお祀りしてもかまいません。実際、浄土真宗はお仏壇の中にお位牌を置きません。

 しかし、多くの場合、お仏壇を買うのは肉親が亡くなって必要に迫られた時だと思います。四十九日の法要の後、お位牌が本位牌になりますので、この時までにお仏壇を用意するのがいいでしょう。経済的な都合で、お墓と一緒に用意できない場合は、お仏壇を先に買う方がいいと言われています。故人のお位牌を置いたお仏壇の方が、お墓よりも日常的に接するものだからです。年忌法要も一つの機会です。そうすれば、年忌供養とお仏壇の開眼供養(魂入れ)を一度に行うこともできます。

 家を新築したり、引越したり、増改築したり、あるいは結婚して新居を持った時は、買い時としていい機会でしょう。そのためには、設計時にお仏壇を安置するスペースを設けるのがいいでしょう。

 また、自分が死んだ後のことを考えて、あらかじめ自分を祀っててもらうお仏壇を買っておくという人もいます。子供にお仏壇を買わせる金銭的な負担を負わせることを避けるためや、自分を十分に祀ってもらいたいと考えるからでしょう。あるいは、子供の教育のことを考えて、子供の出産に合わせてお仏壇を買う方もいらっしゃいます。

 また、昔の言葉に「出世仏壇」というのがあります。つまり、出世したり、家が栄えたりして生活が豊かになるにしたがって、少しずつ大きなお仏壇に買い換えるということです。こうして、感謝と喜びを表現したのです。

いくらぐらいの仏壇を買えばいいの?

 年収の何%だとか、家の建築費の何%を目安にと言う人もいますが、もちろん、そんな決まりはありません。自分の価値観や、その時の経済状況,お仏壇を置けるスペースの大きさなどを考えて、総合的に判断して自分達で決めるべきものです。

 また、宗派や地域に合ったお仏壇の種類や、お仏壇に対する考え方の違いによっても、値段は変わってきます。例えば、金仏壇は唐木仏壇に比べて2〜3倍の値段がします。

 一般に高いお仏壇ほど長持ちしますので、いつまで使おうと考えているのか、ということも一つの判断材料になります。

 また、お仏壇には必ず仏具が必要です、値段を考える場合は、仏具のことも考えましょう。お仏壇の表示価格は、お仏壇だけの値段なのか、仏具込みの値段なのかを確認しておく必要があります。

買う時にチェックすることは?

 当たり前のことですが、全体に傷や狂いがないかを見ることが基本です。特に複雑な作りの屋根に関しては作りがしっかりしているか、宮殿などの彫りの精巧な部分は、それが雑になっていないかを確かめましょう。また、扉や障子などにはズレがなく開閉がスムーズに行えるかを確かめましょう。木の材質に関しては、部分によって材質や色に違いがないかを見ます。木目などを印刷したシートを貼った素材の場合は、お仏壇の内側まで剥がれがないかを確かめましょう。

愛知・三河・蒲郡 仏壇仏具修理・洗濯 愛知・三河・蒲郡 山崎屋仏壇店 仏壇公正取引協議会

山崎屋仏壇店

愛知県蒲郡市中央本町29-1
TEL.0533-67-2017
FAX.0533-67-4034

愛知・三河・蒲郡の仏壇・仏具 お問合せ


PAGE TOP